GALLERY>普通のギャラリー>original&parody

闇狩人ドリ子
闇狩人ドリ子

知っている人もいるかも知れませんね。開発元 アトラスから発売されている
ニンテンドーDSのソフト『世界樹の迷宮』のキャラクターです。

自分は直接このソフトに絡んでいないのですが、
ミニコミ製作者&参加者から「描く?」とのお誘いがありまして
丁度良く時間が空いていましたので依頼を受けました。

このソフト、キャラクターには色々なクラスが用意され、
自分的には「誰を書こうかなー」なんて嬉し楽しくキャラ選抜を悩んでみたものの、
ディレクターから直々に、このキャラクターをリクエストされました。
無論、自分からの選択の権限はありません(笑)
(どうも、パーツが多かったりするのでビックリマン系の絵に向いていると思ったらしいです)

ちなみにこのゲームはプレイヤー自らキャラクターを命名しなくてはならないシステムでして
ディフォルトの名前もありません。
なので、このキャラロゴの作成は…そのクラスであるダークハンター、直訳すると闇狩人
そしてドリルのような髪型が特徴のため、(開発内では呼ばれていた俗称)ドリ子
2つ合わせて闇狩人ドリ子・・・若干語呂が悪いですが、そんな名前を付けてみました。


熊
蝶
【クマ博士】
【蝶?】

【左:クマ博士】
実は上記『闇狩人ドリ子』には図解があります(※ページ下で紹介)
その図解を解いてくれるような「博士系キャラも作りたいなー」なんて思い、
サクっと描いたのがこの『クマ博士』
ゲームをしていない人は「なぜクマ?」と疑問符が浮かび上がると思うので説明しますと、
このゲームは余りにマゾい戦闘バランスのようで、
プレイヤーにとってインパクトのある(暴力的な)エネミーが多数存在しています。
その名物エネミーの一匹がクマらしく・・・他のエネミーよりも単純なフォルムだったために
サクッっと描いてサクッっと博士キャラに当て込みました。
なのでクマと博士の関係に1ビット足りとも特別な意味はありません。

【右:蝶?】
海外産のグミのパッケージに書かれていそうな、このムカつく顔の生き物は蝶のつもり。
この『蝶』も『クマ』と同様に名物エネミーの一匹だったので、 当初シール絵の余ったスペースに入れるつもりで描いていたのですが、 あまりに酷い出来だったので、使うのをやめました。
ちなみにドリ子の頭に付いている蝶の形したヘアピンはこの生物の名残りです(笑)


▼配布された『世界樹の迷宮』ミニコミ誌▼
世界樹の迷宮(表紙)
世界樹の迷宮(裏表紙)
【表紙】
【裏表紙】

とまぁ、自分の絵ばかり紹介するのもなんですので、こちらが掲載されているミニコミ誌です。
当選した方への発行部数は100部と少ない激レアアイテムなので、当たった方は大切にして下さいね。
すでにキャンペーンは終わっていますが、こちらのページ↓で応募していました。
『世界樹の迷宮』トラックバックキャンペーン - Nintendo iNSIDE (別窓で開きます)

このような機会を与えてくださって世界樹の迷宮チームの方々へ感謝。


▼掲載載記事と図解▼
ミニコミ誌の記事
【 暴走緊縛姫大解剖 】

(図解文章:新納 一哉)

ドリル
感情と天候によりその硬度を自由に変える最強の武器。枝毛の多さに未来の不安を感じる。
カマキリ
迷宮界の死の帝王カマクル氏をドリルに潜ませている。餌はトリのササミ。冬はいつも眠そう。
チョウ
毒の王アゲハ氏が鎮座する。カマクル氏とは捕食関係にあるが、その危険を楽しんでもいる。
ムチ
超鋼天鉄で出来たメタルチェーン。その鎖1つ1つにドリ子の悲しい思い出が刻まれている。
※今回のペンネーム?はモザではなく、ちっちくん になっています。もしかすると、今後はちっちにするかもね(笑)




!CAUTION 権利、及び免責について
この本に使われているデータは株式会社アトラスが一切の権利を所有いたします。

(本文引用)


今回、絵のデータに無断転載禁止を記載していないのはアトラスの権利所有物になっているからです。
無断複製やら何やらしたら、怒られたり面倒な事になるかも知れないから取り扱いには気をつけてね。


もどる