GALLERY>普通のギャラリー>archive

ベリー・オズ(没)
ベリー・オズ(没)

このディテールを目にしている人も多いかとは思いますが、
ベリー・オズの没絵からのシール絵です。
イラストをまんまトレースするのはあまりにも芸が無いと自分は思っていますので、
ポージングや構図、等をアレンジしております。

・・・しっかし、良かったですよね。決定稿がこのイラストのような衣装にならないで(笑)
腰には相撲取りが締め込みの前に挟んでいる『下がり』のようなものがありまし、
しかも『下がり』から覗いているのは真っ赤なブリーフ型のパンツルック。(笑)
カッコ付けるマントにも、これ見よがしに唐草系の装飾がケバケバしく入っています。

でも、このベリー・オズが没になった理由って、
この時期にアニメ「ビックリマン」から「新ビックリマン」と新シリーズに変更され
メインキャラクターへのデザインに思考錯誤が繰り広げられていたように思えます。
アニメは毎週放映するもので、1コマ1コマの動画を描くのは大変な作業です。
そう考えると、この没オズは動かすにもディテールが細か過ぎて、
動画マン的にも相当な労力を必要とされるでしょう。
新ビックリマンに関しては提供のバンダイとオモチャのタイアップもあった事でしょうし、
玩具商品を展開する上でも、面倒なキャラクターにNGを喰らうのは当然かと。(憶測です)

でも、もし新ビックリマンのアニメがなければ、この「ブリーフ・オズ」が、
シールとして登場していたのかもしれませんね。

・・・個人的には好きですよ。このヌケた感じ(^^)




オマケ



ベリー・オズ(没カラー版)

ベリー・オズ(没カラー版)

こちらは没カラーでの彩色になります。
う〜ん、なんと言ったら言いのでしょう…。一言で言うなら「ケバい」…かな?
(正直、唐草模様のマントを描いていて目が痛くなりましたしね)
3Dメガネで飛び出る訳でもないのですから、マントの彩色に使用している「赤+青」は
チョット避けた方が良かったのではないでしょうか?
しかし、シールとアニメのスケジュール調整が上手くいかなかったのでしょうか、
アニメ版のオズはこちらの没カラー配色になっているのです。
この時期はどこもかしこもテンテコ舞いだったのかも・・・(^^;


もどる